生きたまま大腸まで届くのは…特許取得のサプリメントだからこそ!

乳酸菌やビフィズス菌、と聞くと漠然と「お腹の調子を整えるもの」と感じる方が多いことでしょう。体内の善玉菌を増やしてくれるこの乳酸菌、ヨーグルトや乳酸菌食品、飲料を飲むだけで、大きな効果を感じることがなくても、「摂っている」という事実だけで満足してしまっていませんか? 実感が少ない理由、それは私たちの身体の仕組みにあります。ただ摂るだけでは菌の大半が腸に届く前に死滅してしまい、きちんと辿り着くことができていないのです。ではどういう風にビフィズス菌を摂れば、きちんと腸まで届けることができるのでしょうか? その答えは、日清製粉グループが開発した生きたまま腸まで届くビフィズス菌、ビフィコロンにあります。ビフィコロンは40億個ものヒト由来のビフィズス菌を小さなカプセルに入れたことにより大腸までしっかり届く新しいサプリメントです。 小さなカプセル、とひと口に言ってもすごい構造なんですよ。外側は胃酸からビフィズス菌を守る耐酸性ガード層、内側は小腸の胆汁や消化酵素からビフィズス菌を守る難消化性ガード層で、特許取得のダブルガードカプセルなんです。つまりビフィコロンならでは、なんですね。 ビフィズス菌がヒト由来のビフィズス菌である、というのも大きなポイントのひとつです。ヒト由来のビフィズス菌は、小腸から大腸まで定着しやすく、優れた整腸効果が期待できるんですよね。

私たち、現代人の腸年齢は、食生活の変化や不規則な生活、ストレスや便秘等が原因で高齢化が進んでいるんだとか。腸年齢の高齢化が進むと、善玉菌が減少するスピードがはやくなってしまうんです。善玉菌が減ってしまうと悪玉菌が優勢となります。悪玉菌が優勢となれば腸内は腐敗物質がいっぱいとなりそれが腸管から全身へと流れ出てしまい病気の原因にもなってしまいます。だからそうならないためにも、毎日コツコツとビフィコロンでしっかりビフィズス菌を補ってあげることが大切になるんですね。 ビフィコロンは約15ミリの小さなカプセルだから、飲みやすく続けやすいのもうれしいですね。朝、昼、晩、いつ飲んでもいいんですよ。飲む時間を選ばないから無理なく続けることができるんです。毎日の習慣にしてあげればそれだけで健康へとまた一歩、近付くことができますね。 まずは約14日分500円の初回お試しで。その後は定期購入での継続がおすすめです。続ければ続けるほど体のリズムが整いはつらつとした健康的な毎日を送ることができます。ビフィコロンは健康のパートナーですね。大腸は第二の脳、と言われるほど私たちの健康へ係わる器官です。ビフィコロンでいたわってあげましょう。

ページの先頭へ