意外と知らない!?乳酸菌の働きについて

■はじめに
普段生活していて、よく耳にする言葉のひとつに「乳酸菌」があると思います。 しかし、その乳酸菌に関しては、聞いたことは多いのに知っていることは少ないのではないでしょうか? 何となく腸に良い影響があるとか、体に良いといったフワッとしたイメージだと思います。 そんな乳酸菌についてと、その働きに関して述べていきたいと思います。

■乳酸菌とは?
乳酸菌とは、主にチーズ・ヨーグルト・乳酸飲料・ぬか漬け・キムチ・塩麹・味噌など、食品の発酵を促す最近の一種です。 自然界にも生息していて、体内では乳酸を出すことによって悪玉菌を死滅させます。 乳酸菌を含む食品が日持ちするのは、そういった理由からだと言えます。 他にも食品の栄養価を高めたり、風味やコクを出す効果があります。 因みに、人間の体内には40種類の乳酸菌が1億~1000億個も住んでいると言われています。

■ビフィズス菌との違いは?
よく乳酸菌と混同される方も多いのですが、厳密に言うと乳酸菌とビフィズス菌は違います。 共通点があるとすれば、同じ善玉菌だということぐらいです。 それぞれ特徴も違っていて、乳酸菌は酸素の中でも生きられますがビフィズス菌は生きることが出来ません。

そして乳酸菌が糖を分解して乳酸を作り出すのに対して、ビフィズス菌は主に酢酸やビタミンB群、葉酸を作り出します。 生息する数も、乳酸菌の100~1万倍にあたる1~10兆個も存在していると言われています。

■乳酸菌の働き
○整腸作用
乳酸菌には糖を乳酸に変える働きがあり、便秘の改善などに効果を発揮します。 その乳酸によって腸の中は酸性に変わり、溜まった悪玉菌を外へ排泄する力を持っています。 便秘になった時の腸内はアルカリ性になっていて、悪玉菌が増えた状態となっています。

他にも便の水分量を調整してくれる役割があるので、排便をしやすい状態にしてくれます。 便秘が改善されるということは、肌荒れや体臭予防にも繋がるのです。 特に女性や高齢者の方は腹筋が弱いので、便秘になりやすい傾向にあります。 そういった方には、乳酸菌を食品から摂取することが望ましいと言えます。

○免疫力の向上
腸内は約6割強の免疫細胞が集中していると言われています。 つまり腸内環境を整えることによって、病気になりにくい体づくりが出来ると言っても過言ではないのです。 小腸の内壁には絨毛(じゅうもう)と言われる細かい突起が多くついています。 その絨毛の隙間にパイエル板という、ウイルスや細菌を察知する物がついているのです。

乳酸菌によって、これらの働きが活発になって、外部からの細菌を外に追い出す力が高まります。 他にも、作りだした乳酸は全身に作用します。 血液の中の白血球にはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれる細胞があるのですが、癌細胞やウイルスを退治してくれる役割があることで知られています。 こうした細胞にも乳酸によって活発化されることが分かっています。

健康と美容のカギは腸内環境、善玉菌を増やそう!

腸内環境とは読んで字のごとく腸の中の環境なのですが、 具体的に何を指すかというと疑問に思う方もいるでしょう。 腸の中には無数の細菌が存在していて大まかに分けると善玉菌と悪玉菌 そして日和見菌と呼ばれるものに分けられます。

その3種類の菌が良いバランスを保つことによって 腸内環境もまた良い状態に保たれます。 腸内環境のバランスを保つことは我々人間の健康や美容と深い関係があります。 言い換えれば、腸内環境のバランスが悪ければ健康を害するとも言えるのです。

では腸内環境のバランスを保つ善玉菌、悪玉菌、日和見菌とは いったいどんなものなのでしょう。

1、善玉菌
まずは善玉菌ですが代表的なものに乳酸菌、 ビフィズス菌など良く耳にするような菌があります。 これらの善玉菌が増える事で腸内を弱酸性状態にして悪玉菌の増殖を防ぎ、 また有害な物質の生産、吸収を抑えて良い状態を保ってくれます。

2、悪玉菌
悪玉菌の中には病原性の大腸菌などがあり色々な病変を引き起こします。 菌の種類によっては発がん性物質を生産したり、栄養障害を起こすような菌もあり 私達の健康を損なう要因の一つになっています。

3、日和見菌
実はこの日和見菌が腸内の数が一番多く普段は何の悪さもしない おとなしい菌と考えていいでしょう。善玉菌と悪玉菌のバランスによって異なる性質を 表す性質があるため悪玉菌が優勢になると悪玉菌としての働きをしてしまう困った菌でもあります。

腸内環境のバランスを崩す生活要因には色々あります。 生活環境は腸内環境の鏡と言ってもいいでしょう。 ストレスによって便秘や下痢をするという場合がありますが、 これはストレスによる腸内環境バランスの乱れも原因しています。

抗生物質のような薬を服用する事で腸内の細菌も殺してしまう事があります。 疲労もストレスに似た部分があると思いますがこれも腸内環境には良くない要因です。 食生活も気を付けないと腸内に大きく影響します。 そしてこれは避けられないので仕方がないのですが加齢によっても 腸内環境は徐々に悪くなっていきます。

では腸内環境を良い状態に保つにはどうしたらいいでしょうか。 ストレスや食生活は自ら意識してストレスの発散に努めたり、 食のバランスにも気をつけたりすること事によって腸内環境を良い方向に 促す事が出来ます。

また、抗生物質の服用なども過度な使用を控えて必要のない時には 服用しないというようにする事で改善できます。 しかし、加齢によるものは避けようがありません。 そう言った場合には善玉菌を外部から取り入れるといった方法で 腸内環境を整えていけばいいでしょう。

善玉菌を増やすにはまずヨーグルトや乳酸菌飲料、キムチなどの漬物など善玉菌を 含む食品を摂取するように心掛けましょう。 さらに、腸内で善玉菌を増殖させるために善玉菌のエサになる オリゴ糖や食物繊維も摂るようしましょう。 このように食事でも善玉菌を増やす事が出来ますが、 手軽にサプリメントなどを摂取するのもいいかもしれません。

このように意識する事で腸内に善玉菌を増やして腸内環境は 劇的に改善することも可能なのです。 その結果、便秘などのお通じに関する健康の悩みは勿論、 美容や病気の予防などにも良い影響を与えます。 積極的に善玉菌を増やすような生活を心がけましょう。

乳酸菌を生きて腸まで届けてくれる乳酸菌革命

お腹がすっきりしない、肌荒れが気になる、疲れやすい人に不足しているのは乳酸菌です。 健康的な生活は、腸内環境を整えることからです。 悪玉菌の多い腸内は毎日すっきりしませんし、吹き出物に悩まされることもあります。 また疲労感も腸内環境の乱れが原因であることがあります。

そんな人には乳酸菌のパワーが詰まったサプリメントです。 乳酸菌革命には効果が期待できる話題の乳酸菌のラクチバチルスが6種類、 さらにそのパワフルさに期待できる3大乳酸菌のビフィズス菌、ラブレ菌、カゼリ菌を配合しています。

乳酸菌革命 公式サイトはこちら

ビフィズス菌は強い殺菌力で腸内の有害菌が増えるのを防ぎます。 ラブレ菌はこのビフィズス菌を増やしてくれますし、カゼリ菌は日本人に相性の良い乳酸菌で、 ビフィズス菌と一緒に悪玉菌を抑えます。 この3つの乳酸菌が悪玉菌を増えるのを抑えて善玉菌を増やし、 ストレスの溜まりやすい現代社会人の乱れた腸内環境を整えてくれます。

ただ残念なことに一般的な乳酸菌は腸に届く前に死滅してしまうのです。 胃の中では胃酸に、小腸では胆汁によってその多くが死滅してしまいますので、 せっかくの乳酸菌も腸まで届かずに効果が感じられることなく終わってしまいます。 ですが有胞子乳酸菌は、耐熱性に優れているため胃や十二指腸でも死滅せず、 一番届けたい腸まで生きたまま乳酸菌を届けることができるのです。

さらにこれらの種類豊富な乳酸菌を包んでいるのは耐酸性カプセルです。 この耐酸性カプセルが酸やアルカリから乳酸菌を守ることができるので、 より効果的に乳酸菌を摂取することができます。

添加物も入っていませんので、お腹の調子が不安定なお子様や、 便秘になりやすい妊婦さんでも安心して飲むことができます。

乳酸菌革命は、今まで色んな乳製品を試したけれど効果を感じられなかった、 野菜不足が気になる、運動したいけれど時間がないといった人たちに喜ばれています。

この1日分がカプセル2粒に詰まったサプリメントは、定期購入なら一ヶ月あたり3千円以下で摂ることができます。 効果を感じられるサプリメントが毎日続けやすい価格というのは嬉しいですね。

乳酸菌革命 公式サイトはこちら

このページの先頭へ